スポンサーリンク

 

 

たまひよ たのしいにこにこおうたえほんには、誰でも一度は聞いたことがある、子供向けの歌が16曲入っています。

聞きたい歌があれば、ボタンを押してスタートさせるのですが、スタートボタンはとても大きいうえ、何の歌のボタンなのかが分かるように絵が書いてあるので、1歳を過ぎる子供であれば自分でボタンを押して聞けるようになると思います。

歌の他に、同じ曲でカラオケもついているので、音だけ鳴らしながら歌を歌うことも可能です。

また、連続して全曲流すことが出来るので、赤ちゃんから少し離れて作業をする時にとても便利でした。曲が流れている間、赤ちゃんはぐずることなく、大人しくしていてくれる事が多かったです。

付属している歌詞も赤ちゃん向けのかわいらしい絵があって、絵本感覚で楽しめました。

たまひよ たのしいにこにこおうたえほんの購入を決めた理由

初めての子供だったので、どのようなおもちゃを与えていいか分からず、試行錯誤の日々でした。

しかし、聴覚はしっかりとしていると気が付き、音が出る何かを探しているうちに、この商品に目をとめるようになりました。

たのしいにこにこおうたえほんの魅力

私がこの「たのしいにこにこおうたえほん」に魅力を感じたのは以下の点です

・赤ちゃん向けの優しい曲がたくさん入っていること

・カラオケがあること

・全曲をメドレーで流せること

 

人気の曲の他に、手遊びが出来る曲や、まねっこ遊びが出来る曲が入っているのも大変良かったです。

たまひよ たのしいにこにこおうたえほんを使ってみた感想

やはり、赤ちゃんは音には敏感なようで、ちょっとぐずったりした時に曲をかけると機嫌が直ることも多くありました。

普段は、好きな曲を流して一緒に歌ったりしていましたが、私が家事などで赤ちゃんから少し離れるときにメドレーにして全曲を流していました。そうすると、機嫌よく一人で遊んでくれることが多かったです。

毎日流していたので、赤ちゃんにとってもいつも聞いているものだと感じ、安心してくれたようです。

時には、聞きながら寝てくれたこともあって、大変助かっています。一番最後に「ゆりかごのうた」が入っているので、これを聞いたら大人でも眠くなるような気がします。

赤ちゃん向けの商品だけあって、作りも頑丈に出来ているので、音が鳴る部分は壊れることはほぼありません。

たのしいにこにこおうたえほんの注意点

ただし、紙で出来ている歌詞の部分は、あまり強い力を加えると破れてしまいます。

私個人的には音さえなれば問題ないので、これくらいはまぁ仕方ないのかなと感じます。

たのしいにこにこおうたえほん 0・1・2才を楽天市場で確認してみる

 

スポンサーリンク